グランジータの日記

– Gran & Djeeta's diary –

ルシファーHL やるうえで気を付けたいこと。 これを気を付ければ攻略したも同然?

ルシファーHARD

出展:グランブルーファンタジー

相変わらずグラブルのクエストの中でも敷居が高いのがダーク・ラプチャー(HARD)(ルシファーHL)です。
ルシファーの行動を色々と覚える必要があり、クリアするには事前に何度も調べる必要があります。

「スパルタ6人での攻略」「ルシファーHLをなるべくお手軽に攻略したい」「行動を覚えられないんですけど」「羽から倒す手順について確認したい」という方に向けた記事となります。

まずはHPを3万以上確保します。

ルシファーは開幕すると、0ターン目でパラダイス・ロストを放ち、味方HPを3万削ってきます。
つまりHPが3万以上ないとそこで全滅です。できれば5万くらいは確保したいです。
1ターン目でオールポーションを使わなければいけないくらいの瀕死だと、他に回復手段がなければその後の戦いが厳しくなるでしょう。
実際のHPはトライアルバトルで確認することができます。
慣れていない方はできるだけHPが多い方がいいので、装備やキャラにボーナスをできるだけ割り振っておきましょう!

気を付けること。

種族被りについて(ルシファーHP25%通過時に戦闘不能に!)

ルシファーHP25%時に種族被りするキャラクターは問答無用で戦闘不能になります。
サブメンバーに入っていてもアウトです。
キャラクターの詳細を確認すると、「ヒューマン」「エルーン」「ドラフ」「ハーヴィン」「星晶獣」「種族不明」とあり、編成する時に被っていると、25%通過時にはカウントが減ることになります。
因みに主人公は「種族不明」扱いですが、こちらは判定に使用されないようです。
もし仲間の種族が被っている場合は、通過時にカウントを確認します。

基本はかぶらせないように編成しますが、有能キャラが多い属性でクリアが楽になる場合は、被らせることもありなのですが、未クリアの場合は何も考えずにばらけるように編成したほうがいいでしょう。

12個の試練!羽から倒すパターンを想定

試練

出展:グランブルーファンタジー

ルシファーの羽から削って、次に本体を倒す方法を想定します。
ルシファーの羽のHPが50%を切ると12個の試練が出現して、試練を解除しないとルシファーが強化されている状態になります。
解除方法を簡単に言うと、以下の通りです。

・6属性それぞれで、1ターンに1,000万以上のダメージをルシファー本体に与える。(試練Ⅰ~Ⅵ)
・1ターンに無属性ダメージ200万以上をルシファー本体に与える。(試練Ⅶ)
・オーバーチェイン(奥義で5チェイン以上)をルシファー本体に与える。(試練Ⅷ)
・1ターンに30回以上の攻撃をルシファー本体に与える(試練Ⅸ)
・10個以上の状態異常をルシファー不ゴン帯に付与する(試練Ⅹ)
・ルシファーのパラダイス・ロストを受ける(試練Ⅺ)
・すべての試練を解除する(試練Ⅻ)

絶対に解除しておきたいのが試練8のオーバーチェインです。これはファランクスをルシファーが無効化してしまう危険な状態です。土属性はオクトーがいる関係で解除しやすいです。

次に解除しておきたいものは、試練7の無属性200万ダメージ。弱点属性でルシファーから攻撃をもらうので痛いです。これは闇属性のバレンタインクラリスが解除しやすいです。

試練10も解除しておきたい試練です。ランダムな弱体効果をもらってしまいます。試練10は弱体効果を10個以上付与すればいいので、火属性のアニラがいると楽に解除できます。

後は試練が残ってても何とかなったりします。
その他の試練も解除できるならしておきたいです。
1000万ダメージに関してですが、まだ初挑戦だとうまくいかないことも多いかと思います。
できそうであれば解除にチャレンジしてみてください。

1000万ダメージの検証方法

トライアルバトルの無属性木人に、防御系の弱体効果を与えないで攻撃すると検証できます。
(ルシファーは防御値が高いので、弱体をしっかり入れていても木人の弱体なしと同等の硬さです。)
基本的に通常攻撃だけでは難しいので、奥義のフルチェインを試してみてください。

奥義ゲージを簡単にためる方法は、トライアルバトを開始後にある右上の「Menu」ボタンを押して、エリクシール(無限個で消費無し)を押すことで奥義ゲージがアップしてくれます。

1000万ダメージを出せれば、その編成で属性試練を解除できるということになります。

ルシファーは特殊技を放つたびに赫刃レベルがアップ。ディスペルを用意して対処をします。

赫刃

出展:グランブルーファンタジー

特殊技を使われる度に赫刃レベルが上昇するルシファー。
赫刃レベルが上がると、ルシファーの攻撃毎に味方の強化解除や、無属性10,000ダメージ、味方の最大HPダウンなどを行ってきます。
赫刃レベルを下げる方法は、ディスペルを使うことです。
できれば赫刃レベルは3以下を保ちたいです。

できればディスペルを複数用意しておくか、なるべくスロウでルシファー本体の特殊攻撃を遅らせましょう。
赫刃レベルは羽の特殊技では増えません。 

試練が始まるまでのルシファーのオーバードライブ時、特殊攻撃は状態異常付

試練が始まるまでにルシファーがオーバードライブ状態だと、「イブリース」という特殊技を放ち、恐怖や裂傷や行動不能の状態異常を付与してきます。
放置しておくにもなかなか重い異常なので、クリアしておきたいです。
クリアを持ち込める属性では、積極的に持ち込みましょう。

ルシファー(本体)の特殊技について

基本的に、100%カットしておきたいです。
スロウを使って本体特殊をなるべく遅らせます。無理な時はHPを高く保って通過します。
また、ルシファーの攻撃対象がほぼ単体(ランダム対象の複数回攻撃など)なので、スパルタの「かばう」で吸収できてしまいます。
ファランクス(70%カット)+かばう(50%カット)
ファランクス(70%カット)+アテナ召喚(30%カット)
などで防ぎましょう。

CT技であれば、ブレイクを待って行動するのも一つの手です。

「かばう」が効かない特殊技について

全体攻撃が「かばう」では防げないため、アテナ召喚などと合わせて防ぎましょう。

主なルシファーの全体攻撃
・ルシファーHPが60%~56%時に発動する「アキシオン」 味方全体攻撃です。
・各「パラダイス・ロスト」 味方全体攻撃です。

ジ・エンドについて

ジ・エンド

出展:グランブルーファンタジー

羽がHP70%を切ると、「終末へのカウントダウン」が始まります。
「終末へのカウントダウン」は最大6で、参加者全員のキャラが1人戦闘不能になるたびに、カウントが1減ります
参加者全体で6人戦闘不能になると、次のターンで強制全滅技「ジ・エンド」が発動して、クエストがクリア不可能になります。

基本的に、ルシファーの特殊技を防げないと判断したら、ブレイク状態で特殊技が出ないようになるまで待ちましょう。
後はルシファーのHPトリガーによる特殊技を防ぐか、発動しないHP帯まで待てば問題ありません。

もう無理だと思ったら完全に行動を止めてください。
他の方がクリアしてくれるのを祈る方が、一番クリア率が高くなります。

実践編

ルシ開幕時

出展:グランブルーファンタジー

羽HP100%時~70%

必ず「ファランクス」をもらってから動きます。「ファランクス」が確実にかかっていることを確認しましょう。
また、「ファランクス」が被って無駄にならないようにします。
ルシファーは開幕で「パラダイス・ロスト」を放ってくるので、HPによってはオールポーションを使用します。

「パラダイス・ロスト」を開幕に使われる関係で、赫刃レベルが1になっていますので、ルシファー本体に「ディスペル」を使用して解除します。

風の場合はユリウスの弱体を4回入れて、チャット定型句の「弱体成功!」を流しておくと分かりやすいです。
風以外の場合は累積攻防ダウンが入っていることを確認、「ファランクス」が入っていることを確認してから1ターン目の行動します。

羽HP70%まではルシファーにスロウなどを使いながら、特殊技をなるべくもらわないようにしつつ攻撃します。
本体OD時の本体特殊技は厄介な状態異常を付与されますので、クリアオールを使用するか、他参加者にクリアオールをお願いします。

羽のCTMAX技

福音の黒翼

出展:グランブルーファンタジー

羽のCTMAX技ですが、基本的に以下の2つをループします。
・黄色リンゴ => 奥義発動時に無属性ダメージを受ける・消去不可(1回/2ターンで消去)
・緑リンゴ => アビリティ発動時にルシファー(100万)と味方(4000)を回復(1回)

黄色リンゴを付与されないと「福音の黒翼」が解除されず、ルシファー本体にダメージが通らないため、1度は受けておく必要があります。その時は奥義を使用しないように注意してください。
一応、本体HPが50%以降か、ブレイク時に攻撃することで「福音の黒翼」が解除されます。もしもリンゴを受けていない場合でも安心してください。
緑リンゴはもらうと「福音の黒翼」をルシファーに付与しますが、羽HPが50%以下になると付与されなくなります。
羽のHP50%以降に受けると回復ができるのでお得です。
ルシファーはまだHPを削っていないので今のうちに回復しておきます。
もし削れていても、100万くらいならすぐに取り戻せるのであまり気にせずに回復してもいいでしょう。

ルシファーオーバードライブ時の注意点

ルシファーオーバードライブ時に羽とルシファーのCTMAXが一致すると、そのターンに全属性ダメージカット貫通の「パラダイスロスト」を放ってきます。
およそ9万ダメージ。ファランクス等が無効なので、特殊な方法でしか防げません。
羽やルシファーのCTの値が遅延やモードチェンジによって変わるため、スロウなどを使うときは一致しないように十分に注意してください。

もし一致してしまったときは、ルシファーがブレイク状態に入るのを確認してから動きます。

羽HP70%~50%

羽HP70%で敵の弱体効果が解除されます。
風属性の場合は再度ユリウスの弱体を4回入れます。それ以外の属性の場合は累積攻防ダウンを確認します。
普通に削るといいのですが、羽HP50%を最初に通過した人は、ルシファー本体のHP95%、85%、60%特殊技を回避できます。羽HP50%のトリガーは基本火属性が通過します。

羽HP50%~羽討伐まで

羽HP50%を通過すると12の試練がルシファーに付与されます。
風属性の方は弱体効果を入れ直し、それ以外の属性の場合は累積攻防ダウンを確認します。
土属性がルシファーにオーバーチェインをいれて試練8を解除して、「ファランクス」が入ったことを確認してから、攻撃に移ってください。

羽討伐まではルシファーにスロウを入れたり、赫刃レベルをディスペルで削りながら攻撃していきます。
羽に集中していると、まれにルシファーのHPが削れている時があります。
ルシファーのHPが95%になってしまうとトリガー技が発動するので、ルシファーのHPには気を付けておきましょう。

羽討伐後~ルシファーHP95%まで

ルシファーのHPが95%になるというときに通過する場合に、「ファランクス」+「かばう」で100%カットします。
もし次のルシファーHP85%時のトリガーまでターンが回せなさそうな時は95%~91%間はアビダメなどで待機しておいても良いです。

どちらかというと、こちらよりも次の技を防げた方が良いですので、自信がない場合は次の技を防ぐようにします。

ルシファーHP85%~76%まで

通過する場合に、「ファランクス」+「かばう」で100%カットします。
もしこの攻撃で戦闘不能が出た場合に、追加で全体に無属性30,000ダメージが来てしまいます。
絶対に戦闘不能を出してはいけない場面なので、確実に防ぎましょう。

他に回避手段がない場合は、75%まで待てばトリガーが発動しないようです。

ルシファーHP70%地点

CTMAXになります。スロウを使う場合はCTMAX前に使わないように意識しておきましょう。

ルシファーHP60%~56%

ここで全体攻撃トリガー技が来ます。
「かばう」では防げないので、召喚石「アテナ」+「ファランクス」などで対処しましょう。
この技も戦闘不能が出た場合に、追加で全体に無属性30,000ダメージが来てしまいます。

防げる自信がない場合は、HP55%まで待ちます。

ルシファーHP55%~25%

HP55%でCTMAXになります。スロウを使う場合はCTMAX前に使わないように意識しておきましょう。

ここからは25%までゆっくりルシファーを叩ける区間になります。
25%以降はきつくなるので、挑む属性によっては一気にルシファーを削れるように、奥義ゲージをためながら削ります。

ルシファーHP25%地点 ゴフェル・アーク

ここで種族被りのキャラが強制的に戦闘不能になります。2人いて1人がサブキャラの場合は、サブキャラの方が戦闘不能になります。
また、以降は召喚石が使用不可になりますので、残っているアビリティを使用して黒麒麟を召喚しておくことをお勧めします。

弱体効果が解除されるので、再び弱体を入れなおすことになります。
累積攻防ダウンが入っていることを確認してください。

ルシファーHP20%、15%地点

どちらの場合も、トリガー技「アキシオン・アポカリプス」をルシファーが放ってきます。両方対応するのは厳しいため、20%~15%間は無視して15%以降に行動しましょう。
もし全体攻撃を100%カットできる手段があれば、10%以降に温存しておきます

次の10%以降のためにできるだけ奥義や強力な攻撃は温存しておきましょう。

ルシファーHP10%以降

弱体効果を回復してくるので、再び弱体を入れます。
ルシファーが「パラダイス・ロスト」を放ってきます。
全体にランダム属性のほぼ100万ダメージのため、100%カットが必須です。
「かばう」+「ファランクス」では防げませんので、別のキャラクターのカット技を「ファランクス」にプラスして、100%カットができそうなら、そちらを使用します。

もし手段がない場合は、ほかの方が全滅するのを待ってから最後の一撃を使用するために行動を温存しておきます。

ルシファーHP3%以降

ここでもルシファーが「パラダイス・ロスト」を放ってきます。
全体にランダム属性のほぼ100万ダメージのため、100%カットが必須です。

ただ、ここまで来たら奥義など全力で打ち込み、倒しきるのを祈りましょう!

まとめ

結局長くなってしまいましたが、まとめると以下のような感じです。
ルシファーをクリアするには、キャラクターがぽこぽこ倒れそうならとにかく動かないこと。
ルシファーのトリガーと全体攻撃のトリガーを覚えることがとにかく重要です。
(本体トリガー=>95%、85%、60%(全体))
(25%以降は20~10%の間と、10%以降全滅が避けられない場合は、他の方の全滅を待ってから全力攻撃。)
トリガー時やルシファーCTMAX時は、なるべく100%カットしましょう。
通常攻撃も痛いので、常にファランクスがかかっていることを確認して攻撃に移ります。

ある程度準備ができていれば、細かいことは何とかなったりします。
最低限自分が担当できて、解除できる試練は解除しておきましょう。(各属性の得手不得手による。)

後の10%以降は何とかルシファーのHPを飛ばせることを祈って、全力で削ることに集中しましょう!
これできっとクリアが可能になります。
頑張ってください!

関連記事

 コメント

Leave a Comment

コメントをお願いいたします。

内容をご確認の上、送信してください。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.