グランジータの日記

– Gran & Djeeta's diary –

四象降臨のやるべき日課について。 交換しておきたいアイテムなどまとめ。

四象降臨

出展:グランブルーファンタジー

四象降臨のやっておきたい日課と交換しておきたいアイテムについて書いておきます。

この記事は、「四象降臨でやることって何だったかな?」とか「何から手を付けていいかわからない!」という方を対象にしております。

一部クロム鋼については触れていませんが、私の環境ではもう確認できないからです…
ヒヒイロカネや久遠の指輪に交換できるので、できればクロム鋼はかなり優先度高めで交換しておきたいトレジャーですね。

尚、四象瑞神ソロフルオートの記事に関しては下の記事をご覧ください。

四象降臨での目標について

四象討伐章

出展:グランブルーファンタジー

それぞれの進み具合で、優先すべきものが異なりそうなのが四象ですね。

まずは瑞神討伐章を150枚を目指したいところです。
貴重なアイテム・ヒヒイロカネや久遠の指輪を手に入れるためのトレジャー「四象霊晶」が4個手に入ります。
ほかの属性は今回から120枚分でコンプリートになりましたので、できればコンプリートでもらえる「印符」を確保しておきたいですが、行けるところまででいいと思います。
「各属性の討伐章」自体は自発が厳しい場合はマルチでも貰える数がそんなに変わらないので、マルチで稼ぎましょう。

四象の日課について

ATの四象マルチEX

出展:グランブルーファンタジー

まず各属性のマルチEXTREMEはアサルトタイムなどにそれぞれ3回こなしておきたいところです。
デイリーミッションとして宝晶石が100個もらえます。
アサルトタイムに挑戦すると、時間帯に係わらず輝きボーナスが発生しており、交換用トレジャー「四象の輝き」が多くもらえます。
アサルトタイムを利用すれば特定の時間を待たなくてもミッションを達成しやすいです。
ミッションの宝晶石100個があまりいらないという場合は無視してもいいですが、討伐章を稼ぐのも厳しくなってしまいます。

シングルバトル(1日2回のMANIAC)

四象シングルバトル

出展:グランブルーファンタジー

私も忘れがちですが1日2回のシングルバトルMANIACがあります。
MANIACを1回こなすとイベントトップにある水晶のメーターが一瞬でMAXとなり、輝きが多くもらえる強敵に即座に挑むことができます。
なのでMANIACを倒す時は水晶のメーターが空の状態で挑みましょう。
ただし、初心者の方には少し強いかもしれません…

PROUDとPROUD+

四象PROUD

出展:グランブルーファンタジー

余裕があれば各種PROUDに挑戦するのも忘れずに…
しかし初心者には厳しいかもしれません。中級者でもなかなかしんどい難易度です。
特にPROUD+の黒麒麟と黄龍のセットが初見殺し的です。
そんなことを言ってしまうと挑めなくなるかもなので、一度は得意な属性で挑んでみましょう!

目指すべきアイテムについて・四象の輝き交換先など

各属性の印符

4属性印符1枚ずつで四象金印が手に入ります。
この金印を使用して黒麒麟単体と黄龍単体のマルチをクリアして、黄龍・黒麒麟HLのマルチに挑めます。(HLに初回挑むまでには金印が4ついる計算です。なのでHLに挑むなら30連がおすすめです。また黄龍か黒麒麟の単体マルチはあまり旨味がないので、周回するなら黄龍・黒麒麟HLです。)
このHLでは黒麒麟や黄龍の召喚石などが手に入るため、持っていない方はなるべく最優先で集めたいところです。
「黒麒麟」と「黄龍」の召喚石はフレンド集めや、日々の周回には欠かせない石となります。
このHLに参加すれば、黒麒麟や黄龍武器もトレジャー交換で手に入れられるため、優先度は高めです。

ですが、初期の段階では他の武器も集めた方がいい場合も多いので、武器を集め終わってからできるだけ印符を集める形でいいと思います。
ただ、中には武器追加スキルに必要な「黄金の札」「黒曜石の札」などもあるため最低限そこまでは確保しておきたいところです。
また、印符は各四象武器の上限解放に使用することもありますので、その分は確保しておきましょう。

黒麒麟武器・黄龍武器と召喚石

確保しておきたい武器は「麒麟弓」、「黄龍槍」、「黄龍拳」です。
他はたまにしか使わないですが、余裕があれば交換まで行きたいところです。
上の項目で書いているように印符を交換して、黄龍・黒麒麟HLに挑み、属性に対応する「黒曜石の札束」か「黄金の札束」を獲得することで交換できます。
4凸、5凸の上限解放にも「黒曜石の札束」か「黄金の札束」が必要です。

その他黒麒麟と黄龍の召喚石も1個までは交換できます。

各属性の四季の名前の武器

「夏ノ陽炎」はお勧めです。
しかし、初心者の方でほかも合わせて取り切れない場合は「秋ノ落葉」や「冬ノ霜柱」、「春ノ柔風」は後回しでもいいかもしれません。

4凸素材に対応した属性の印符が必要な点は要注意です。
必ず4凸素材の印符を確保しておきましょう。

各進境付の武器

「柘榴石の鉞」や「水宝玉の手斧」、「橄欖の弩」など、土以外マグナの各属性で、攻刃量が少ない属性の武器を狙うといいかもしれません。
ターンが進むほど攻撃力が増すため、長期戦で効果を発揮します。

ただ、4凸素材がなかなか重いので注意です。
前述していた黄龍・黒麒麟HLで集められる黒麒麟・黄龍のマグナアニマが必要になります。
黒麒麟・黄龍のマグナアニマ交換素材も、黄龍・黒麒麟HLで集められますが、マルチバトルに挑まなければ4凸にできず、使い物になりません。
また、各属性の霊宝が必要になるため、こちらも集めておく必要があります。

朱雀光剣などの武器

4凸の「邪」を付ければ、古戦場の肉狩りなどで活躍する可能性があります。
各属性の上限アップは貴重なため、特に古戦場直近の火属性「朱雀光剣・邪」を作っておきたいところです。

場合によっては「王」なども使用する機会はあるかもしれませんが、初期の段階では使用しないことの方が多いため、「王」の付与は考えなくてもいいでしょう。

4凸素材に対応した属性の印符が必要な点は要注意です。
必ず4凸素材の印符を確保しておく必要があります。
また、「邪」を付けるための秘文書には対応した属性の霊宝と、マルチバトル黒麒麟か黄龍もしくは黄龍・黒麒麟HLで手に入る「黄金の札」、「黒曜石の札」が必要です。
何とかここまでは挑戦しておきたいところです。

南朱の霊宝などの各属性の霊宝

「四象瑞神」のマルチで手に入るかもしれませんが、各四象武器の上限解放に使用することもあります。
足りない場合はぜひ「四象の輝き」との交換で確保しましょう。

よほど余裕があれば交換したいもの

・エリクシールハーフ(半汁)
・ソウルシード
・SR確定武器チケット
・玄武殻拳などのデメリット付武器
・十天衆加入ワールド素材セット
・ルピ
・強化素材10種セット

優先度の高いものを上から順に…
基本的にはこのリストのものはクロム鋼や上項目の装備・アイテムなどを集めきっていない方は交換しなくても良いものです。
SR武器チケットはSRしか出ませんが、シルバームーンが獲得できる可能性があります。(フェスや季節限定は対象外)
玄武殻拳はヴァルナ編成だとよく使うようです。ほかのデメリット付武器は火属性が水着クビラ入りで、たまに使うことがあるかもしれないくらいでしょうか。
十天素材はたとえ統べていてもトレジャー交換で、エリクシールハーフに交換できる素材も入っているので、確保しておきたいです。
ルピや強化素材は超越できる方向けですね。

やることは多いので、できるところから目標を決めましょう。

直近の古戦場の属性強化を優先で回るのが堅いです。
ただ、古戦場が四象の間に2回挟まることもあるので、おそらく次の古戦場属性の風属性くらいまでは強化しておきたいところです。
そこまで終わったらほかの属性の強化も頑張りましょう!

あと、四象の「朱雀」「玄武」「白虎」「青龍」の召喚石は罠です。
特に初心者の方は取らないように注意しておきましょう。

関連記事

 コメント

Leave a Comment

コメントをお願いいたします。

内容をご確認の上、送信してください。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.