グランジータの日記

– Gran & Djeeta's diary –

アグニス編成について イクサバ以外にもそろえておきたい装備。マグナからの移行の基準は?

アグニス

出展:グランブルーファンタジー

火古戦場が近づき、マグナからアグニスへの移行を考えていらっしゃるかもしれません。
ここではアグニスの現状と揃えておきたい編成についてご紹介します。

この記事は「アグニスに移行したいけどどこまで装備をそろえたらいいの?」「マグナはオッケそろえたけど、伸びしろを求めて転向したいけどある程度無課金で行ける?」という疑問をお持ちの方向けの記事です。

結論として今の段階での移行はお勧めできません。

こう言ってしまえば元も子もないのですが、2021年8月現在ではおすすめしにくいです。
今のアグニスはイクサバだけをそろえればいい時代ではなくなっています。

古戦場目的であれば、肉集めでは有利かもしれませんが、フルオートの場合はイクサバだけの編成ではマグナに負ける可能性もあります。
前回の古戦場では火ユイシスなどを編成すると、マグナでもかなり速度が出ていたようです。
つまり、無理をしてアグニスに移行するのはお勧めできません。

アグニスのフルオート強化には、季節限定装備や限定キャラクターが欲しいところ。

火はキャラパワーがもう一つ足りない印象が強いです。
一応アグニスの利点として、アニラを外せるというところがあります。
ただ、火属性はHPをリカバリーする能力が乏しいため、渾身を維持するのがとにかく難しいです。
後ろから領域解放をしていない十賢者「フラウ」が出てきたとしても、回復は足りないです。
終末渾身をランバージャックに持たせて、奥義で回復が発動したとしても、やはり足りないのです。
イクサバだけの場合は、フルオートで渾身を維持するだけの回復がとにかく足りません。

アグニスのフルオート定番と言えば、クリスマスネモネと水着クビラですが、二人とも季節限定キャラです。
一応最終アテナもアビダメ軸ではおすすめです。

フルオートでは自動アビダメが主なダメージソースなので、水着クビラ武器の「第十二猪行槍」などを編成しておきたいところです。

武器は用途に分けて何種類か準備しておきたいのが今のアグニス。

ドス絶拳

出展:グランブルーファンタジー

※私はとりあえずドスを凸する予定です。
アグニス編成になってはいるものの、今からこれにどれだけリソースを割くか悩みどころなのです。

第十二猪行槍ケラク

出展:グランブルーファンタジー

HPの回復がいらないような超短期決戦なら、スツルム解放武器の「イクサバ」を4~5本編成したいところです。

フルオートには、ムゲン開放武器の「ケラク」やユイシス開放武器の「ドス」やラインハルザ開放武器の「絶拳」あたりも組み込みたくなります。
フルオート編成ではイクサバが2~3本抜けたりするので、せっかく集めた「イクサバ」も無駄になってしまいます。

古戦場フルオートでは、刹那Ⅱ三手の「絶拳」は2本。背水堅守の「ドス」は1~2本欲しいです。
絶拳2でクリリティカルが確定となるラインは召喚石「ウィルナス」があるかどうかですが、HPが減った時のためにも、「ドス」を編成しておいてもいいと思います。
進境神威の「ケラク」は2本以上いりませんが、ダマスカス鋼かヒヒイロカネを使用して上限解放をした場合に、もしガチャで「ケラク」がかぶった時には、後悔しない強い心が必要です。
最悪「ケラク」なしでもいいですが、アグニスはHPを盛りにくいため、HP不足に悩まされる可能性もあります。

無課金武器の候補はエッケザックスやパラスの剣ですが、これだけではコロッサスマグナと大差ないか、負ける可能性があるでしょう。
四象武器の朱雀翼弦は、水着クビラを使う場合は有用だったりします。

場面ごとに装備を大きく変更する必要があるため、ダマヒヒの消費が多い属性。

ダマヒヒ

出展:グランブルーファンタジー

行くクエストによって大きく装備を変える必要があるのがアグニスです。
普段使いに関しては、短期戦が多く「絶拳」も眠る装備となりそうです。
短期戦の場合はアグニス+フレンド石をシヴァで使用することが多いため、アグニス両面ではなくなります。
両面アグニスではなくなるとクリティカル補正を上げるのが難しくなり、自然と絶拳が外れます。
このときのイクサバは4本以上欲しいです。

編成に準備したい武器を最低数で想定して、必要なダマスカス鋼などの数を計算してみましょう。
イクサバ4、絶拳2、ケラク1、ドス1、第十二猪行槍1として、武器の余分な被りが無いものとして計算すると、ダマスカス鋼、ヒヒイロカネは27個必要です。

イクサバの本数が中途半端だと短期決戦でも、また中長期戦でそろえている装備が半端だと、どちらもコロッサスマグナ編成に負ける可能性があります。

火属性は冬の時代。

今の火属性は高難易度適性がとにかくありません。
安定して戦うための火属性キャラも少ないです。
エッセル砲が決まれば、高難易度で火力を伸ばせるパターンもありますが、活躍するためにはガチガチに装備を固める必要があります。

基本的に火属性で行くクエストは短期戦が多く、高難度は少ないのが事実です。
一応しっかり装備をそろえた火ソルジャーなら、つよバハでMVPを取りやすいというところもあります。

愛があればもちろん移行することも…

それでも火属性が好きなんだという方は、もちろんアグニスに移行していただきたいです。
また、オッケやEXコロ杖(アーカルム・サンドボックスで手に入る渾身付などのコロッサスケーン・マグナ)を集めるのが面倒な方なんかもアグニスに移行してしまうのもおすすめです。

アグニスはなんだかんだでイクサバが3~4本あれば戦えます。
たとえ中途半端な編成でも、中途半端なコロッサスマグナよりは強いです。
そして、数多くの武器をそろえれば、間違いなく強くなれます。

結論として、安易な移行は絶対にお勧めできません。

今アグニスに移行したとして、行ける高難度を増やすには、他属性よりもたくさんのダマスカス鋼とヒヒイロカネを使う可能性があります。
それよりも少ないダマスカス鋼とヒヒイロカネで、お手軽に強化できる属性があります。(土属性など)
火属性は手動は割と早いのですが、他属性と同レベルの速度をフルオートではなかなか出しづらい属性でもあります。
古戦場目的のためだけだと年1回くらいの間隔が空くため、せっかくアグニスに移行しても使用する機会が少なくなる可能性もあります。

今は2021年の8月ですが、他属性にみられるリミテッドナルメアやネハンのようなキャラの実装など、今後のアップデート次第ではアグニスの状況が変わる可能性もあるため、そういうアップデートを待ってからのアグニス移行でも遅くはないと言えます。

関連記事

 コメント

Leave a Comment

コメントをお願いいたします。

内容をご確認の上、送信してください。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.